ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (1770-1827)

ドイツの偉大な作曲家ベートーヴェンの名を語らずにはクラシック音楽は語れないと言っても過言ではないほど、音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。幼い頃から神童として知られていたベートーヴェンはハイドンのもとで学び、小さなモチーフを展開していく技術を身につけ、曲の構成方法などの面でも多大な影響を受けた。彼の書いた32曲のピアノソナタや9つの交響曲、、弦楽四重奏曲16曲は今日でも最高峰の模範とされており、様々な面で音楽史上の革命的な役割をも果たした。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

ベートーヴェン:ピアノ三重奏とオーケストラのための協奏曲 

  ロシア国立交響楽団

  バフタンング・ジョルダニア(指揮)

  アレクサンドル・トロスティアンスキー(バイオリン)

  キリル・ロディン(チェロ)

  長島達也(ピアノ)

*制作中(録音完了)

raven

clssical

recordings

©2020 Raven Classical Recordings

Designed by William Trella Design

Coming soon to the market across the world!  
Stay tuned!
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon