マスカーニ、ピエトロ (1863-1945)

イタリアの作曲家、指揮者。20歳にならぬうちに交響曲、オペラ、カンタータなどを作曲し、その才能を認められる。ミラノ音楽院でポンキエッリに学ぶも中退し、指揮者として活動を始める。1890年に、ローマの楽譜出版社ソンゾーニョ(Musicale Sonzogno)の歌劇コンクールに応募して当選した代表作『カヴァレリア・ルスティカーナ』によって驚異的な成功を収め,、1895年にはペーザロのロッシーニ音楽院院長に就任する。生涯をかけて合計15曲ものオペラとオペレッタ1曲を作曲する。オペラ作曲家、指揮者として非常に成功を収めただけでなく、ヴェリズモ・オペラを確立し音楽史上における多大な貢献もしている。その他にもいくつかの美しい管弦楽曲や声楽曲、歌曲、ピアノ曲を残している。ファシスト党政権が誕生すると、スカラ座監督の座を狙ってムッソリーニに接近。このため、第二次世界大戦でイタリアが降伏した後、全財産を没収され、ローマのホテルで寂しく生涯を閉じた。遺体はローマに葬られたが、1951年に故郷のリヴォルノに再埋葬され、それと共に名誉回復された。

サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

コープランド:ピアノ協奏曲

マスカーニ :「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲

  チェコ・ナショナル交響楽団

  長島達也(指揮・ピアノ)​

​*2020年夏に発売予定!

raven

clssical

recordings

©2020 Raven Classical Recordings

Designed by William Trella Design

Coming soon to the market across the world!  
Stay tuned!
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon