カール・マリア・フォン・ウェーバー (1786-1826)

ドイツ初期ロマン派を代表する作曲家ウェーバーは、モーツァルトによるドイツオペラの伝統を継承し「魔弾の射手」によってロマン派のオペラ様式を確立し、その流れをワーグナーに受け渡すという重要な役割を果たした人物です。11歳で初めてオペラを作曲し、『魔弾の射手』や『オベロン』などのオペラのほか、『舞踏への勧誘』などの器楽曲も残す。また、オーケストラの配置を現在に近い形に改めたり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られる。彼の作品は、豊かな色彩感と躍動感を併せ持つ美しくロマンティックな音で満ち溢れているものが多い。

シンフォニック・マーベル

 リスト:交響詩「レ・プレリュード」

 リスト:交響詩「タッソー《悲劇と勝利》」

 チャイコフスキー:幻想序曲「ロミオとジュリエット」

 ロッシーニ:歌劇「泥棒かささぎ」 序曲

 ウェーバー :歌劇「オベロン」序曲

 ウェーバー :歌劇「魔弾の射手」序曲

   ウクライナ国立交響楽団 ・ 長島達也(指揮)

*制作中(録音完了)

raven

clssical

recordings

©2020 Raven Classical Recordings

Designed by William Trella Design

Coming soon to the market across the world!  
Stay tuned!
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon